服用後の経過観察

ハッピーオリゴ®服用後の経過観察

01

人はそれぞれの腸内環境の形成方法がありますが、ビフィズス菌が腸内で効く利点はみな同じです。ただし、ハッピーオリゴ®の効果は、人々の健康状態によって異なる場合があります。

  1. ハッピーオリゴ®は多くの治療特性を有しますが、長期間にわたって取らないといけません。明らかな効果を得るためには、毎日15~30グラムずつ、少なくとも約3ヶ月間は適応期間を継続することをお勧めします。例えば毎日30グラムずつ服用している場合、毎日大さじ3杯で1日2回(1杯5グラム程度)お召し上がりください。
  2. 人によっては、最初は明確な変化を感じないかもしれませんが、便の色と臭いが薄くなるなどの変化が徐々に見られます。なぜならイソマルトオリゴ糖のおかげで悪玉菌の繁殖が抑えられ、それを減少させているからです。
  3. 便の色が濃い色から黄色になる場合、これは善玉菌が増えていることを示します。なぜなら善玉菌は黄色のビタミンB群を多く生成するからです。
  4. お腹が張ったり、お腹がゴロゴロしたりしたら、腸内環境がアンバランスになっており悪玉菌が増えていることを示しています。ハッピーオリゴ®を召し上がると善玉菌が増えて腸内の環境を改善し、お腹のゴロゴロ感を減らします。
  5. もしハッピーオリゴ®の摂取を開始してからお腹が張って便秘になった場合は、善玉菌が非常に少なく腸内環境がすぐに改善されていないことを示しています。この場合は、召し上がっている量をまず1週間減らして腸内の善玉菌を活性化させ、それからまた繁殖させます。一度善玉菌が繁殖すると、腹部膨張感と便秘は解消します。
  6. 腸内の便が溜まっている場合、服用初期には黒くて、臭いが強く、ゆるい便を経験します。人によっては胃のけいれん/痛みが発生する可能性もあります。それは腸クレンジングという現象ですので、心配はありません。

 

ハッピーオリゴ®摂取開始直後の期間の経過観察の例

影響 原因
お腹がゴロゴロ鳴る。 腸内フローラの調整が始まっています。
おならが頻繁に出る。 有害な細菌が多い場合は腸内フローラのアンバランスの初期段階にあります。
黒っぽくて臭いが強く、ゆるい便が出る。または軽い腹痛を感じる。 クレンジング効果が始まっています。消化器系から宿便を排出しています。
便の量が増えている。 消化器系から有害な細菌の死骸を排出しています。
腹部膨張感、便秘もしくは胃痛がある。 ビフィズス菌が不足していると、オリゴ糖の供給が急増してもこれを完全に利用することができません。ハッピーオリゴ®の摂取量を1週間、抑えてみてください。
便の色が黄色っぽく変わった。 ビフィズス菌の増殖が増えている良い兆しです。ビフィズス菌がビタミンBを増やすので黄色くなるのです。
口臭、体臭、臭いの強い便が減った。 腸内フローラのバランスが改善された結果、有害な細菌から生じる毒素排泄物が減っています。