利点

イソマルトオリゴ糖(IMO)の利点

 

出生時の幼児の腸管内は善玉菌が99%を占めており、新生児期にはビフィズス菌が主要菌種として支配しています。離乳期を過ぎるとこの割合は25%、さらに成人に達するころには10%まで低下し、65歳以降は5%未満に落ち込むことがあります。健康な人なら善玉菌の割合は少なくとも80%あることが理想的です。イソマルトオリゴ糖(IMO)には腸内のビフィズス菌を10~100倍に増加させる効果があります。

  1. 人の消化管内に自然に棲息している体に良い細菌(特にビフィズス菌種)に栄養分を与えて、その成長を促します。
  2. 有害な細菌はこれを消化することができないので、体に良い細菌のコロニーとその割合を選択的に増加させることができます。
  3. 消化されないので、カロリーになりにくい。血糖量を増加させないので、糖尿病患者やダイエット中の方々にも適しています。
  4. 腸内フローラのバランスを取り戻すことによって、慢性下痢、特に抗生物質による治療後の症状を改善します。

 

オリゴ糖の濃度または純度が高ければ高いほど、プレバイオティックスとしてのその効果も高まります。オリゴ糖は、幼児や高齢者向け食品を中心に、乳製品、プロバイオティクス飲料、シリアル、健康補助食品などの栄養補助成分として幅広く添加されています。このほか、腸内フローラのバランス、腸内の健康や免疫の増進を促すプレバイオティクスとして、液体状または粉末状の単品としても販売されています。