沿革

 

ハッピーオリゴ®は、純度97.5%の粉末状のイソマルトオリゴ糖です。遡ること1992年に初めてこの食品が市場に登場した当時は、日本の林原生物化学研究所が開発した酵素転換技術を使った液体状の製品で、純度は約60%に過ぎませんでした。その後17年にわたる研究を経て、2009年にはシャン・ユー・バイオテクノロジー社がその純度を97.5%に高めるとともに、液体状だった製品を粉末状に変えることに成功しました。

 

divider

 

Oligo